不整脈  

不整脈 『 不整脈とは、心臓の脈拍が正常とは異なるタイミングで起きるようになった状態のことです。不整脈には、脈が速くなる「頻脈」、脈が遅くなる「徐脈」、予定されていないタイミングで脈が生じる「期外収縮」があります。
不整脈の緊急度や治療方法は千差万別です。健康な人にも生じる不整脈では健康被害はなく、放置しても問題ありません。一方、命にかかわる不整脈も存在し、この場合は積極的な治療介入が必要とされることがあります。致死性不整脈とは、治療に緊急を要する危険な不整脈を指します。中でも、脈が異常に速くなる頻脈性不整脈の1つである心室細動になる方が多いと言われています。心室細動は突然起こり、死に至ることもある危険な不整脈です。(Yahoo!)より』

  

星椎水精先生のコメント

最近は、不整脈で亡くなる人も多く、致死性不整脈はその代表でもある。ただ、遺伝的なものが背景にあり、遺伝子の中に不整脈が組み込まれているとしたら、大変なことになる。先祖が不整脈で亡くなったとしたら、それを防ぐのは、不整脈で亡くなった人の浄霊以外は防ぎようがない。仮に手術がうまく行き、不整脈が無くなった場合でも、今度は奥さんや子供、孫の代まで気を付けなければならない。あらゆる病気の治癒は、一時的な治療より、根本的に改善する浄霊において他はない、と言える。