不思議なこと(2)

  『 毎年青森のりんごを近所に方に予約をし親戚のリンゴ農家さんが運んで下さいます。
昨年暮れにそのりんごを娘に1箱送りました。
12月28日に娘の家に行ったときに娘が興奮した様子で「お父さんからりんご1箱と高そうなりんごジュースとジャムが届いたわ」とのこと。
娘は青森を離れて14年程になりますが、父親(元夫)から今まで1度も送り物を貰ったことが無いとのこと。元夫は、幼い頃から息子にはパチンコで儲けた時、娘に内緒でお金をあげていました。子供なので貰った息子は嬉しく皆に知らせ、それを聞いた娘がよく怒っていました。 元夫は息子に「将来世話になるから隠してでもお金をあげるんだ」と言っていました。
贈り物のことを聞いた私はきっとこの先歳をとり世話になるからかなと元夫の魂胆かなと思いましたが・・・
私は元夫には会うこともなく浄霊のことも知る由もありませんが、ご先祖さんのご供養が何か関係しているのではないかと思った不思議な年末でした。
(子供たちに父親に会うことは任せています、青森に帰った時に時々会っているようです) すみません長くなりました。ご報告をと思いましてメールさせて頂きました。 』



星椎水精先生のコメント

縁があって結ばれ子供が出来た。夫婦の間の不一致など子供には考える余地もなく、考えたくないことでもある。しかしながら、子供の将来に関係するのであれば、やはり元ご主人の先祖の供養はするに越したことはないだろう。子供たちもいずれ分かる時が来て、そのことを十分に話してあげる義務が両親にはある。