万歳!

『 先日はご先祖様のご供養をしていただきまして誠にありがとうございました。
当日、冥想は出来ませんでしたが、ご供養が終わったであろう数時間後に、A様はご供養出来たのかなと考えていると、A様だろうと思われる方が万歳をしているイメージが浮かび上がりました。その時、ああこれはA様が無事に供養なされて、喜びを教えていただいているのだなと思いました。
星椎先生のコラムでもあるように、ご先祖様の供養を続けてくると供養出来るのが当たり前になってきますが、先祖供養していただけるのは、世界を探しても星椎先生しか居られないということで、末裔としてご先祖様に感謝をして供養するのは当たり前でも、ここでしか本物のご供養をしていただけないんだ、ということに改めて感謝いたします。 』

星椎水精先生のコメント

上記に「万歳をしているイメージ」とあるように、先祖は浄霊を心の底から喜んでいる様子が描かれている。もし誰もが浄霊出来るのであれば、こんな喜び方はしないだろう。
「うれしい」というあっさりとした表現になるはずである。しかし、万歳までするというには、本当の浄霊のチャンスがなかなか、いや滅多にやってこないという意味でもある。
皆は、他で浄霊という言葉に騙されないようにして欲しい。それは、先祖たちも本心から願っている。

このページの先頭へ