ワープ航法 

ワープ

  『  米航空宇宙局(NASA)は、光速を超えて宇宙空間を移動する「ワープ航法」の性能をもった宇宙船の設計画像を公開した。
ワープ航法を実現する宇宙船の研究は、NASAの先端推進技術研究チームを率いる物理学者のハロルド・ホワイト氏が2010年から取り組んできた。
イメージ図は同氏の設計をもとに、アーティストのマーク・レドメーカー氏が制作した。制作には1600時間以上を要したという。ホワイト氏はSF映画「スター・トレック」に登場する宇宙船にちなんで、この宇宙船を「IXSエンタープライズ」と命名。同船の設計も、1965年に描かれたスター・トレックのスケッチを参考にしている。
ホワイト氏は昨年11月に米アリゾナ州フェニックスで開かれた宇宙カンファレンスで、この宇宙船のデザインやコンセプト、進捗状況を発表していた。同氏によると、「宇宙ワープ」は一般相対性理論に出てくる抜け穴の法則を利用して宇宙空間を歪曲させ、何千年もかかって到達するような超長距離を数日で移動できる航法。この航法を採用すれば光速を超えられるようになり、速度に制限はなくなる。
NASAによると、ワープ航法の存在はまだ実証されていないものの、その理論は物理学の法則に反していない。ただ、実現できるという保証はないとしている。(CNN)より 』

  

星椎水精先生のコメント

  新年の幕開けと同時に、アメリカのNASAが発表したワープ航法機は、すでに作られており、火星や月面の往復に利用されている。今回はその新型の航法機を紹介したまでのこと。日本人の意識が「UFO 、UFO」と叫んでいる間にアメリカは、どんどん宇宙に進出している。これは、政府やマスコミがアメリカの言うなりになって発表しないことが、世界から後れを取った原因になっている。
今年は、新年の幕開けと同時に宇宙時代の幕開けが始まろうとしている。それだけに、先祖の多く絡んだ肉体では、乗り切れない世の中となるだろうから、早く魂の純度を高める必要がある。そんな時代のメッセージが、ワープ航法機の発表と繋がったのだろう。