リアルな夢

『 先日は先祖供養をしていただいて、本当にありがとうございました。
当日は、朝から晴れて暖かい日でした。ご先祖様の喜びが伝わってくるようでしたが、私はいつものように仕事でバタバタしていました。
ただ、翌日に実家にいる夢を見ました。
なぜか?父の親戚が揃っていて、みんな楽しそうな感じでした。
ところが、頭上から白く、眩しい光が差してきて私に当たりました。
私は暑くて、眩しくてびっくりしました。でも、 そこで目が覚めました。
実にリアルな夢でした。
主人の花粉症が今年は、だいぶ楽に感じられます。
息子も辞令が出て、明日から本社勤務になりました。
物事が、良い方向に進んでいる感じがします。
それに奢る事なく、前に進んで行きます。本当にありがとうございました。 』

星椎水精先生のコメント

記憶にない夢は、魂の疲労を吐き出す作用を持っている。しかし、リアルな夢には、魂或いは霊たちの本音を表現する場として使用されている。
夢に出た「眩しい光」は、浄霊時に受ける光と同じようなものを、本人に受けてもらい、「このような光を私たちは受けることが出来ました」と感謝の気持ちを伝えたかったのである。

このページの先頭へ