メディア

最近のメディアの特徴は、横一線の内容で、それ一色の放映である。そのような放送局なら、1局でも良さそうである。司会者も幼稚で、コメンテーターも言いたい放題のことを言うだけである。しかし、このような放送局に、コロナウィルスが襲う日も近いだろう。
ある野球選手の打ち上げで3人の感染者が出ているが、そこに参加したのは、30名以上いるとの後日発表が、事態の拡散に繋がり、メディアの巻き込み拡散に繋がる。
必要のないお笑い芸人と必要のないマスメディア、司会者、コメンテーターが消えてゆく時代となるだろう。彼らの背後には、重く重症な先祖ばかりなので、消滅してもおかしくはない。悪い先祖ばかりではなく、悪魔が非常に多い。お笑い芸人に悪魔が多いのは、世の中が楽天的だからである。楽天的に世の中を見すぎると、真剣に生きようとする人間が少なくなる。この傾向に今後は歯止めがかかる。彼らを必要としない国になって欲しいと思うし、彼らの背後の先祖霊たちは、一般の先祖霊に比べて、かなり低いものたちの集合でもある。メディア人を含めて、「斜陽」という言葉が見えてくる。