マッサージ

『 今日、メールしましたのは、私ども夫婦2人の生霊はずしと水晶のネックレスについてです。もし、生霊はずしをお願いしましたら、同じタイミングで水晶を持ったほうがいいでしょうか。期間を置かない方がいいのではと思いますが、どうでしょうか。2人とも最近、別に悪いところは無いようなのですが、どうも具合が悪く、それと、首の辺りもちょっと気になるところです。私は今、パーキンソン病の患者さんにマッサージをしてあげています。 このところ、この方はすこぶる調子が良くて、はた目にも随分よくなったように見られるようで、喜んでいます。私のマッサージのお陰だといってくれますが、マッサージよりも気分の問題というか、気持ちが前向きになったように感じていたのですが、マッサージをすることによって、もしかして、私が彼女についている悪い気とかそういう邪気を吸い込んでしまって、それで彼女が明るくなったのでは、と思います。 先生のお守りはいつも身につけて、そして、帰りの車では毎日ではありませんが、塩で清めていますが、やっぱり気になります。 』 霊感の強い人が、人の体を触ると、急激に相手の先祖たちを吸い込んでしまう。特にパーキンソン病で悩む人とでは、より重い霊を吸い込む結果となる。出来るならば避けた方が良いのだが、やむを得ない場合は、水晶で守るより方法はなさそうだ。 こちらでもスタッフは、外部から仕事関係の業者が入ってくるとその都度具合が悪くなるので、仕事を終えると、皆一斉に魂を清めることをしている。