先見の明

  デビィ夫人が社会学者・古市という若者に「社会学者としての真の姿勢というのは、 こうしたマスコミの在り方を非難することではないでしょうか」そして、「・・・・日本のマスコミは善行はなかなか取り上げず、スキャンダルばかり取り上げる」と痛烈な批判をした。
彼女に関しては、様々な意見があるが、筋の通ったことを言ったと思う。
先日、私の会社にテレビ局が取材に来た。内容はUFO資料館の説明だった。2時間半くらいの取材なのだが、相当カットされた。その中で、宇宙人から歯奥にチップを入れられた(埋め込まれた)歌手のマネージャーの話になった。彼は誰にもそのことを言えずに悶々としていたらしい。そこで、何とかして欲しいというので、彼を呼んで誘導してみた。 彼は、私の手から出るパワーに反応したので、早速、彼の魂を出して、歯の奥を調べさせた。私も彼も歯の奥に四角い小さな黒いチップが2つ見えたのを確認した。そこで、彼の魂を上空にいるUFOに導き、チップを入れた宇宙人に面会させた。グレイタイプの宇宙人が現れ、話を聞こうとしたが、「話が通じない」と彼は言った。そこで、日本語に翻訳させて「何故、チップを入れたのか」と彼を通して聞いてみた。グレイは「答えられない」と言った。仕方なく私は、すぐに彼の魂を地上に戻した。
後日、テレビを見ると、少しおちゃらけの番組になっていたが、そのことがきっかけで、取材を進行しているタレントも歌手も非常に高揚したのだった。さらに、カメラマンたちも「実は私もUFOを3回見ました」と言って、ディレクターを驚かせたのだった。
その収録は、最後に歌手がその感想で即興の歌を披露することになっていたが、歌手は頭にUFOのことで満杯になり「歌なんかうたえませんよ!」と興奮気味にディレクターに訴えた。
この収録は、魂の誘導が主たる内容だったが、現在のマスコミには、変な宗教へと持ってゆくのを恐れ、おちゃらけにしたのであろう。ただ、この宇宙人グレイは、将来のことを把握して、マネージャーの歯にチップを入れたことが分かったので、そのグレイに対して「ありがとう」と言っておいた。