マイナス

『 先日は生霊外しとオーラを厚くする儀を執り行っていただき、有難うございました。
お蔭様で体も楽になってきました。
お願いする前は疲労とストレスで体が重く、食欲も落ちていたので「このままだと倒れるかもしれない」という状態でした。
儀式当日は仕事が忙しく、意識を向けられませんでした。
夕方仕事の合間に、ようやく新しい水晶を身に付けられ「楽になってきたかな?」と思いましたが、徐々に脱力感が強くなってきました。
その後2日間は脱力感と、背中の右側に刺さっていたものが抜けたような感じがしました。
4日目になると徐々に体も軽くなり、痛かった右肩も上がるようになりました。
現在は体力気力共に戻ってきたので、今回お願いして本当に良かったです。
ただ、私の職場は施設ですので、先生のコラムにあったように悪い影響も大きいと思います。多くの霊と強い念を飛ばしてくる人、防御の重要さを再認識しました。 』

人間の持つマイナスな面は、先祖とは関係なく肉体の様々な個所に反映する。その反映した個所は、他の者が発するマイナスと呼応して重みを増し、その量が大きくなると痛みとなって表れる。疲労やストレスも痛みに加算される。
大きな病気になる前の生霊外しも大切だが、自分が築いたマイナスを普段から作らないことも大切である。

このページの先頭へ