マイケル・ジャクソン

久しぶりにマイケル・ジャクソンをYOUTUBEで見た。
リズムと芸術性は、非常に高く霊感がかなりあったようだ。完成度を追求する彼のダンスは、ピークを迎え、そして薬物に溺れ亡くなった。ただ、「スリラー」に出てくるゾンビは、肉体が霊に憑依される瞬間を見事に描いており、彼でしか描けない作品だった。
人の好い彼は、人から騙され利用され振り回されていた。その怒りの矛先が、作品の中に表現され、芸術で爆発している。しかし、晩年は抜け殻になって、先祖霊やゾンビや魔に肉体を奪われボロボロになっていたのは確かだった。

このページの先頭へ