ペットロス

自然界の動物は、亡くなっても自然消滅し、地上に居座ることはない。
ところが、人間に飼われた動物、つまりペットは、人間のわがままのために地上に居座ることとなる。
「あの子が亡くなって悲しい」「もう少しそばにいて」「私を一人にしないで」などの目に見えない念を飼い主が送ると、ペットはその強い波動を持った念に気づき、その場から動けなくなる。
そうしたペットは、いつしか飼い主の体に付着し、強い念から生じた疑似ペットを作り、逆に飼い主の体をも蝕む結果となり、貧血やめまいなどの病気を起こすことにもなり兼ねない。
そのようなペットは早く浄化し、ペットの霊界へ送る必要がある。やがて来るであろうペットの霊ゾーンが出来る前に。

このページの先頭へ