水晶ブレスレット

『 先日の水晶ブレスレットの話になりますが、主人は切羽詰まると協力はしてくれますが、ブレスレットが壊れた時になぜ切れたのか?ということが理解できないようです。(自分は強い人間だと思っていて、弱い部分は認めたくないようです)
主人は会社でもプライベートでも人間関係の悩みなどは一切ないようで、人から念や生き霊など受けるはずはないと思っています。霊の存在は信じるが、生き霊などが人の頭をおかしくさせたり死に追いやるなどとは全く思ってないようです。
実は主人のブレスレットが壊れた時に水晶のネックレスもかなりささくれてしまっていて、「切れるのも時間の問題だな…」と思っていましたら、案の定ついこの間切れてしまいました。
ネックレスは私と同時(同日。同時刻)に付けたのに、私のネックレスはまだ買った時のままです。主人が自分で気付かないうちに様々な念を受けているという証拠だと思います。主人に水晶の購入を勧めたのですが、お金のかかることなので少ししぶっています。水晶の説明もしてあるのですが「修理はできないのかな?」と言ったりしていて、あまり大変なことだとは思っていないようです。早めに購入した方がよいと思っているので購入を勧めているところですので、購入の際はまたご連絡させていただきます。 』

星椎水精先生のコメント

昨日も同様な話だったが、ネックレスやブレスレットのワイヤーを見る限り、どんなに引っ張ってもそう簡単に切れるものではない。ところが、人間の放つ念がそのようなワイヤーを切るほど強いのである。
霊感のあるものが、或いはオーラの薄いものが何気なく生活し、そのような強い念を受けてしまえば、具合が悪くなり、眠気を催し、或いは痣(あざ)などになって、それを取り去ることが難しくなる。舞台俳優や映画俳優、お笑い芸人などは、それが元でガンになって死ぬこともある。だから、強い守りが必要となる。私のパワー入りの水晶は、機械で計測しても確かな数値が出ている。市販の詐欺的な水晶とは、違うのが分かるだろう。
ただ、見えないところで修験者のような者たちが、念を送り弱い者たちをいじめることがあるようだが、そのような者たちには、神経に沿って特殊な回路を遠隔で送るようにしている。
彼らが亡くなった時に、自動的にそれらが動き始め、大変なことになる。

このページの先頭へ