パニック症

『 パニック症は、人口の1~3%にみられ、決して珍しくない病気である。わたしも多くのパニック症の治療に携わるだけでなく、パニック症の部下を持った経験もある。  パニック症とは、何のきっかけもなく急に胸がドキドキしたり、息が苦しくなったりし、「このままでは死んでしまう」など、強烈な不安や恐怖を感じる病気である。パニック症の人がもつ不安は、一般の人がイメージする程度をはるかに越えており、患者によれば本人にしかわからない不安・恐怖だという。 (Yahoo!ニュース) 』

  

星椎水精先生のコメント

  パニック症は、過去世での魂の経験からするものと、先祖からのいたずらと浮遊霊の障りからくるものとがある。どちらにしてもオーラそのものが薄い場合が多く、ちょっとしたことでも瞬時に閉塞感をもたらしてしまう。一度そのパニックに会えば、神経が斑点化し、様々な刺激でパニックに置き換えられる。基礎的なことは、先祖からの障りを無くすだけでも、極端なパニックに遭わなくても済む。