バスの事故

最近は、バスの事故が頻発している。
大半は、旅行会社やその関連会社の責任を問うているが、実際は浮遊霊や魔、そして事故を起こした運転手の先祖たちが仕組んだものである。
そのような事故があっても、会社や関連会社の責任にしてしまうことが、日本人いや世界中の人間の考えであるようだ。
自分の家に問題はなかったかを考えてみる必要があるようだ。本当は、自分の先祖のことを考えるきっかけとならなければならない筈なのだが・・・。

このページの先頭へ