ノアの方舟

トルコの東端のアララト山でノアの方舟らしきものが発見された。聖書が実話であったことが裏付けされた。
しかし、なぜ現れたかを理解しなければ、発見された意味がない。福島の災害といい熊本の震災といい、現代人が地球のことを少しも理解し得ていない状態にあることを分かる必要がある。
常に「地震がきました」と、その時だけ慌てるが、落ち着くと忘れてしまう。人類が地球を克服したかのような錯覚が常にあるようだ。その驕(おご)りが、予期せぬ地震などの災害を招いている。このような人類に用はないと地球が怒り、巨大な天災を招こうとしている。
そこで、私の仕事は、理解しているものだけの浄霊を行う、というものだ。
マスコミや政治家、或いはタレントは、次の世がないとさえ言われている。お笑いタレントの次の世は、昆虫以下だそうである。
私が今行っている浄霊(先祖供養)は、まさに「ノアの方舟」になっている。ネットでも、自分が浄霊をすると述べているものが、全て偽物であることを彼らは気づかない限り、間もなく地獄へ運ばれるらしい。本当に救われたいのなら、一刻も早く先祖の浄霊(先祖供養)を行うしか手段はなさそうである。

このページの先頭へ