タイムスリップ

『 数年前、ある人に連れられて飲みに行ったら、そこのホステスさんが霊媒体質だということだった。お決まりの幽霊話かなと思っていたが、ちょっと違っていた。きっかけは忘れたが、店の中で突然憑依されたらしい。その女性がまるで男のような話し方に変わり、言葉遣いも変になった。まるで昔の武士みたいな話し方。たまたま客も居ないし、また例のやつが始まったかと他のホステスも放ったらかしにしていたが、次第に様子がおかしくなっていく。 店の中をノシノシと歩き回り、もの珍しそうに見て回っては、これはなんだ?と強い訛りのある言葉で尋ねたそうだ。 (なんとか意味は伝わったらしい) ウイスキーのボトルを見ては、これはなんだ? ウイスキーと答えると、「ういすきー? それはなんだ?」という具合。例しに飲ませてみると、始めて飲んだように思わず顔をしかめる。特に、天井のシャンデリアを物珍しそうに眺めていたそうだ。電気を知らないらしい。しかも天井から吊す照明器具は見たことがないみたい。(昔は行燈だったからね)そのうち、「ここはどこだ?」と尋ねる始末。ようやく自分が別世界に来たことに気づいたらしい。「わしは帰る」と行って店を出ようとするし、店から出たら出たで今度は、外の様子が近代的な建物ばかりだから、茫然自失となる。半分パニックになりかけていたのを他の人がなだめすかすのに苦労したそうだ。一方、ホステスさんの意識と言えば。突然めまいに襲われたかと思うと、辺りが白い霧に包まれている。怖くなって走り回っていると突然、視界の一部に霧が薄くなっている所が見えた。そこへ行くと、今まで居た店とは違う外の景色。それも遠くに川が流れ、馬小屋みたいな建物、地面は雑草が生い茂っている。そのうち、誰かがそばを通り過ぎようとしていることに気づいた。助けを求めて追いすがると、それは馬に乗った武士だったそうだ。(武士というのは、ホステスの証言に基づく) 彼女は、正面に走り込み、必死に助けてくださいと懇願したが、その武士は彼女の存在に全く気づかず、馬の歩みを進めていく。どうやら彼女は意識体だけで存在しているようだ。孤独と恐怖に襲われた彼女は、その場にうずくまり、ただ泣き叫ぶだけだった。再び現代の店の中。落ち着きを取り戻した「男」は、ようやく自分の素性を話し出したそうだ。彼は馬子、つまり馬の世話係で、突然意識を失い、気が付くとここにいたという話である。その様子を見て、最初はホステスのイタズラだと思っていた同僚達も次第にそれが本当に別人の意識が入り込んでしまったのだと考え始めたそうだ。これはヤバイことになった。そうは思っても同僚達にはどうしようもない。とりあえず、「男」に酒(日本酒)を与え、眠らせることに成功した。 その時点では、同僚達も気が動転して、その「男」が過去の人物だとは考え及ばなかったそうだ。 「どうする? 救急車呼ぼうか?」「いや。もう少し様子を見てからにしようか」 そんな会話をしてから一時間ほどして、今度は「彼女」が目覚めた。彼女は、自分が元の世界に戻ったことで安堵し、そしてまた泣きじゃくる。同僚達もホッとしたが、一体なにが起こったのか混乱するばかり。ああでもない、こうでもない。結論のでないまま、時を過ごすことになったそうだ。 ……と、ここまでは、私が当事者達から聞いた話。(実際は、こんなに理路整然と話した訳じゃない。話があちこち錯綜してとりまとめるのが大変だったけどねw) そこで、私は彼女たちを前にこう結論づけた。「もしかしたら、あなたは過去にタイムスリップしたんじゃないのかい?原因は分からないけど、過去の馬子と、あなたの意識が入れ替わった。馬子の意識は、あなたの肉体に入ったけど、あなたの意識は馬子には入らなかった。 でも、それで良かったかもしれない。もし入ってたら、こうして元に戻れたかどうか分からない。時を超えて霊媒現象が起きるなんて始めて聞くけど、可能性はある。現在と過去で生じた出来事を付き合わせてみると、馬子が電気も知らない昔の人であることは確かだし。あなた達が作り話をしているとは思えない。現実に起こった出来事だろうね。問題は、馬子がどの時代の人か? 現代人と一応の会話が出来るというんだから、そんな昔の人ではないだろう。精々幕末から明治初期って所じゃないかな?」私はこれ以上納得のいく説明する言葉を持たなかった。ちなみに、現代を訪れた「その男」が、再び過去の肉体に戻れたかどうかは一切不明。ホステスは、もうあんな体験は嫌だとブルっていた。幽霊を見るより恐ろしい体験だったようだ。 要は、現代の人間と、150年?隔てた過去の人間の意識が交代してしまったらしいというお話。 過去に行ったホステスの意識は、相手の男の肉体に行く前に自意識が目覚め、途中で立ち止まったんじゃないかと推測する。それが、霧に包まれた「通路」だったり、武士にも見えない霊体となっていたんだろう。現代に帰る過程は、ついに聞き出せなかった。分からないと言うのだから仕方がない。見知らぬ異空間でパニクってる時に、そんないちいち状況把握など出来ないからね。しかし、支離滅裂な証言ながら、時を隔てた他人との意識交代だというのは、当時の私にも直観的に分かった。 』   この話は、ホステスが突然タイムスリップする話なのだが、実際は彼女の過去世が男であった、という内容であろう。その過去世が突然に芽生え、過去の時代に遡った。実は、そこに大きな問題を抱え、忘れてしまったことにあり、本人はすべて忘れて、それを思い出すためのタイムスリップであった。