セリアック病

セリアック病とは栄養吸収不良とグルテン反応異常を起こす病気で、これによって消化器官に異常が見られ、下痢、嘔吐、便秘、脂肪便、体重低下、いらいらなどが発症するようだ。特にアメリカでは、アジア人の倍以上となり、食べるものがないとまで言われている。

ただ、これには大きな原因がある。宗教的な問題があるようだ。神様のように教えられたキリストは、長い間成仏も出来てはいない。このような国にいるものには、人種の区別もなく神罰として与えられてもゆく。浮遊する先祖霊は、巷に溢れ出し、銃乱射事件も浮遊霊の影響下にある。自然災害と病魔は、これからのアメリカにさらに大きくのしかかってくる。

このページの先頭へ