スムーズ感

『 行政書士に辿り着くまでの事をお話しします。 何となくですが、数年前から気になっていた事務所がありました(ご供養を始める前から)。昨年末、家系図はここにお願いしようと思っていました。ですが電話帳に載っていなかったのです。仕方なくそこに載っている方に電話をかけました。 4名載っていたのですが、誰も電話に出ないのです。こんな事あるのかな?どうしようかな?と思い1時間程過ぎた頃、1名の方がかけ直してくれました。そしてこの方以外かけ直してくれませんでした。 その日は少し話を聞いただけで名前も告げずに電話を切りました。もしかしてかけ直して来る方がいるのではないかな?と思ったからです。 結局何事も無く2週間が立ちました(仕事が忙しかった事もあり他の行政書士は探してませんでした)。と言う事で、かけ直してくれた行政書士さんに再度電話し家系図の依頼をお願い致しました。二つ返事で快く引き受けて下さいました。その3日後にお会いして話をしていたのですが、なんと僕が一番最初に気になっていた事務所で数年前まで働いていたそうです。しかも僕の母の相続の書類作成にも少し関わっていたみたいです。物凄く縁を感じました。 話は変わりますが、年末に車検でした。高くても15万円位なのですが、35万円かかると言われてしまいました。それもその筈なのですが、17年が経ち、20万㎞を越えていて、限界に近づいていた様でした。車屋に買い換えを進められましたが、確かに35万円出して2年もつかどうかです。迷わずに買い換えを選びました。 日を改めて車屋に行ったのですが、思い通りの車がすぐに見つかりました。11年落ちですが5万㎞しか走ってなくて、前に乗られていた人が60歳過ぎのご年配の方で、あまり無理な運転はされていなかったそうです。しかも四駆で車体価格35万円。即決です。 税金など全て込みで50万円弱でしたが、用意していた車検代と冬のボーナス合わせてピッタリ50万円でした。トントン拍子に事が運ぶとはこの事ですね。 もし車検がいつも通りいっていたら、今の行政書士さんには出会えていなかった様に思います。車の買い換えがあったから間を置く事になり、このタイミングでこの行政書士さんに辿り着いたのだと思います。 super浄霊をお願いできる日が近づいて来ています。楽しみです。ウキウキしますね。 長々と大変失礼致しました。それではお休みなさい。 』 何気ない文章だが、要はスムーズに事は運ばれている、ということを言いたかったのだろう。事がスムーズに行かない時は、気持ちが乱れ、生活のリズムまで狂いがちである。この原因は、意外に先祖が暴れたり、先祖同士の争いであったりするのである。暴れる先祖を浄霊すると、このスムーズさが自然に行われるようだ。