スパイ

今度のイスラム国が殺害した2人の日本人は、日本のスパイであったことが、2人を知る友人からネットに掲載された。したがって、安倍総理も2人の家族に謝罪しないのは、当然だと理解してよいだろう。
この一連の騒ぎには、イラクのフセインが殺害されたことにより、フセイン残党の種族の怨念が脈々と存在していたことになる。当然、彼らはアメリカやそれに追随する国に残虐な手段を持ってしても恨みは消えそうにもない。
つまり、イスラム教の教えである「目には目を歯には歯を」になってしまった。中国のことわざ臥薪嘗胆にも近い。
これに伴って、安倍総理の言う「テロには屈しない」という考えは、アメリカと同一視されてしまう。いやもうイスラム過激派では、日本を同一視している。
この2人の殺害によって、安倍総理の背後には、粘着力の強い2人の死霊が付いてしまった。この1人の稚拙な総理のために、今後は様々な日本人が犠牲となるだろう。その犠牲者が、安倍総理の体にどんどん付着してゆくだろう。

このページの先頭へ