スカイツリー

スカイツリーは、東京の新しい名所だが、そこを上ると東京の全体が眺望できる。江戸時代当たりの風景がダブって見えてもいた。人間の歴史の浅さも同時に感じ取ることができた。しかし、大きな天変地異が来れば、千年の歴史も、あっという間に大地に変わってしまうのだとつくづく感じたのだった。

八百万の神という表現があるが、一旦、霊界に入った者でも希望したり、上からの使命で雲の位置から人を見守る役目のものが大勢いるようだ。スカイツリーよりやや上のあたりにそれらは存在する。だが、魔の力が大きい場合と、人類、特に日本人に変化を望む場合には、天変地異を地球の神が起こすだろう。八百万の神もそれに従わなければならない。

このページの先頭へ