政治劇場 

安倍首相は、非常に追い込まれている。大した実力もないのに実力者のような態度をとり続けた安倍首相。周囲には、ほぼ雑魚のような大臣が集まっている。
稲田という女は、過去世で味方のくノ一であった。敵方のくノ一だった昭恵夫人とは違ってかなり近い側近でもあったので、罷免させると身内の相談相手がいなくなるために罷免できない。加計という男は、ずる賢い男で安倍首相を利用しようという存在に過ぎない。
他の無能な大臣ばかりで固めている安倍内閣は、人格に問題が生じて、自民党自体の劣化現象を伴って来ている。時代が変わってきているのに、内閣を含めた永田町だけは昔の意識のままで、国民との相当な乖離(かいり)が出来てしまっている。
そして、亡くなった政治家自体も、浮かばれず永田町に居座り、政治に関与している。そのことが、発展しない永田町の政治劇場を形成している。

このページの先頭へ