ゴールデンウィークの事故

今年のゴーデンウィークの中日頃、関門の自動車道で玉突き事故があった。里帰りの渋滞も重なって、自動車道は通行止めにまでなってしまった。およそ4、5時間は通行止めだったので、深夜に再び自動車道に向かった。しかし、今度は下関で渋滞になった。深夜、下関のホテルで受付に聞いて見ると、平家を祀っている赤間宮で先帝祭が行われていたからだと言う。
この時期は、壇ノ浦で源平の戦いが終結を迎え、安徳天皇が海に沈んだことを鎮魂する意味で先帝祭が行われている。この玉突き事故は、戦いの兵士が何らかの憑依を行って起きた事故に相違なかった。

このページの先頭へ