ゴルフ場にて

インドに行く前に新春のコンペに参加した。とても寒く体が思うように動かなかった。その内まもなく救急車のサイレンが鳴った。キャディは、2組前のメンバーだと言う。こんな日に大変だとそのグループは、コンペを中止した。

インドから帰って、昨日コンペに出た。キャディからの話題は、正月に倒れたメンバーの話だった。聞くところによれば、そのメンバーは、元々心臓が悪く、出かける前に、薬を飲み忘れたみたいだった。寒風に吹き晒されて、いきなり発作が起こり、救急車に運ばれたようだ。一時は回復したが、まもなく亡くなった、と言う。

その日は、朝の天気とは一変して、昼からは雪が激しくなった。大きな池越えでは、私を除いて皆池にボールが落ちていった。口々に「数年ぶりだね」「いや、10年ぶりだ」と笑いながら呟いた。暗い池の方には、何となく霊的な引力のようなものを私は感じた。おそらく、40代で亡くなった人は、この辺りで倒れたのではないか、と頭をよぎった。

このページの先頭へ