コラム「膠原病」の感想

『 私の職場の60代女性スタッフも関節リウマチです。
元気に働いていましたが、先月あたりから手の関節の痛みが増してきたようで、「仕事が続くかわからない」と弱気になっていました。
ところが本日、「薬(ステロイド)が効いたみたいで良くなった」と言っていました。
私は「痛みが軽くなったなら良かったね」と言いましたが、霊障である以上これからどうなるかは分かりません。
後日その事を知った別の女性スタッフは「リウマチなのは、あの性格だからかな」と言っていましたが、その人もリウマチを持っていました・・・
また別の女性は「リウマチだった身内の最後は悲惨だった」と言っていて、「身近に多くいるのだな」と考えさせられました。 』

星椎水精先生のコメント

リウマチは、先祖の憑依の中では、典型的なものである。単なる病気で済まされるものではない。憑依が5段階あるとすれば、第4段階に匹敵する。それほど強烈な先祖からの憑依と思って良いだろう。
ステロイドは、一時的には効果があるが、それは単に痛み止めで、良くなることはない。良くなるどころか、更年期と重なり骨がスカスカになってしまう。変形が始まった段階で、もはや手遅れと思って間違いない。
そういう人は、一刻も早く、こちらでの浄霊(先祖供養)を申し込む以外に手立てはない。

このページの先頭へ