クレプトマニア

クレプトマニア

『 何度何度も、逮捕されても窃盗をくり返す人がいます。近年、テレビ番組でも取り上げられることなどもあり、知られるようになってきました。近年は高齢の方の窃盗が増加していること。その背景には認知症が絡んでくるケースも。また盗んでいることに意識がないケースもあり、窃盗の裁判が終了したその足で、売店でパンを万引きしてしまったというようなこともあったそうです。ほかにも社会での生活が困窮し、盗みをくり返して衣食住が整っている刑務所への入所を望んでいる高齢者の方も存在するとか。なんとも切なく悲しい現実です。こういった窃盗に関する事件の中には「窃盗癖(クレプトマニア)」という依存症の可能性があることも高く、この場合は物を盗むことへの欲求や衝動が抑えられない精神疾患のひとつと考えられます。盗みの種類が、店舗などでの万引きが多いということもあり、「万引き依存症」とも呼ばれます。こういったケースの場合は金銭的に余裕がない、物欲が強いわけではありません。また盗みの対象は安価なものが多く、盗んだ後は一切の関心が失われるため「捨てる」「他人へ渡す」「店へ返す」などの行動に出る人も。盗んだものへの執着がないことも特徴です。(Yahooニュース) 』

  

星椎水精先生のコメント

ストレスの逃げ道なのだろうが、これも過去世との関係は歪めない。それに先祖の中に窃盗癖なるものがいて、この者が末裔の手を動かす。いわば自分であって自分ではない存在に動かされてしまう。人に対して先祖に対して無関心を装っていると、このような目に遭う。 いわば自業自得の象徴的行為に他ならない。