ギリシャ

ギリシャがデフォルト(債務超過)を起こした。日本もギリシャに多額の融資を行い、その返済期限も間近かである。このように世界各地に借金をしながら、返済の予定すらないのがこのギリシャという国。 そのギリシャを崩壊させるために生まれてきたのが、チプラスという男。首相になってネゴシエーター(交渉人)と悪名高いが、悪魔の類と言われている。それすら理解していない国民は、彼の甘い汁を吸おうと首相に選んでしまった。 元々、この国民は働くことが好きではない国民の集合と言われてきた。その付けが回ってきたようだ。この怠惰な生き方を変えない限り、デフォルテからの脱出は出来ない。哲学者ソクラテスそのものが借金に対して寛容な考えをしているので、その末裔は過去の栄光だけに頼って生きてきたと解釈しても良さそうである。先祖霊も怠慢なら末裔も怠慢になるのは当然である。この混乱はしばらく続く。