ギャンブル依存症

ギャンブル依存症

『 アトランティス協会の皆様 今日は、お世話になっております。
本日は元夫のご両親の浄霊(先祖供養)、有難う御座いました。
最初は何もなかったのですが、少し経った頃に金色のものが紫色の中に消えるのが2・3回見えました。
元夫のご先祖さんの除籍簿を取り寄せて家にありますが、私のご先祖さんのように騒がしい感覚が余り感じません、私に遠慮しているのでしょうか。
何か変だなーと感じます。それは私は、家のPCでゲームをしたことがありませんが元夫の除籍簿を取り寄せた頃よりカードゲームに挑戦したくて何度かしました。元夫の家族は特に男性は集まると毎回パチンコなどの話で盛り上がっています。元夫も仕事帰りなど毎日パチンコをし借金をしました。ギャンブルが大好きみたいです。それが離婚の原因にもなりました。 』



星椎水精先生のコメント

人生の目標を立てないものにとっては、ギャンブルは相当刺激的なものとなる。数十万円出して1万円の品物を得た福袋のような外れクジとなる。
しかし、その1万円の品物がギャンブラーにとっては貴重なのである。
かつて私の同年代のものが、仕事を放りだし、パチンコに興じていた。訪問先にも行かずにパチンコへ行き、大当たりとなり、奥さんを呼び出した。奥さんにパチンコのハンドルを維持させて仕事場に出かけ、50万を稼いだと豪語した。
それが癖となり、奥さんは彼に嫌気をさし、いつの間にか離婚していた。稼業もさっぱりとなって家も崩壊していった。
実はこういう家が次第に多くなり、そういう家に限って名も知れない宗教に入信し、家の財産の全てを失うことにつながってくる。
事を起こすには、一本の筋が必要で、日和見的な行動は慎まなければならない。その筋を協力してくれるのが先祖である。しかし、その先祖も浄霊していなければ、何の力も発揮することは出来ない。応援が出来たとしても、一時的なものでしかない。