カレンダー

『 年末の大掃除の中で、新しいカレンダーに掛け替えました。 2015年のカレンダーも大変素晴らしいお写真で、見ていて新鮮な気持ちにさせられます。オランダのチューリップ畑の写真は、チューリップそのものの持つ美しさと息吹、それに何より景色自体の素晴らしさが伝わってくるようでした。 欧州の街並み風景は日本とは異なる進化を遂げた高い知性、それに長い歴史の積み重ねを 感じさせられます。 もっとも欧州の長い歴史の中では、二度の世界大戦を始めとする幾多の戦乱や政変と騒乱、ペスト大流行に代表される繰り返し起きた疫病などで、大勢の人々が犠牲となりました。 欧州の人々は、古代から現在に至るまで様々な苦難を幾度も乗り越えてきました。 しかし現在までに亡くなられた大勢の人々は成仏できずに幽界をさまよい、今日頻繁に報道される異常気象や不穏な世界情勢に暗い影を落としているはずです。 現在、星椎先生によって大勢のご先祖様や龍神様始め神々様が救済されていることは、日本はもとより地球全体にとって如何に大切なことか再認識させられました。 』 ヨーロッパの建物は、日本のような木造ではないので、数世紀以上は保つことが出来る。一般的に台風もなければ、地震も少ない。そのような街並みでは、昔は汚物を窓から捨てており、ペストなどが発生する要因でもあった。戦いが常にあり、町中にある「マルトク広場」は、見せしめのための処刑場だった。しかし、人々は長い年月をかけて平和を求めてきた歴史が、良し悪しはともかく、そこには存在する。それがヨーロッパの街並みなのだと、つくづく感じる。そういう見方のカレンダーづくりにも挑戦している。