それぞれの霊感

『 先日は、4月の浄霊(先祖供養)をお受けいただきまして、誠にありがとうございました。
今回の浄霊の時間は、10時40分ごろまで時計を気にしながら仕事をしていたのですが、次に時計を見た時には11時15分になっていました。もう浄霊は終わってしまっただろうと思いましたが、せめてお祈りだけでもと慌てて休憩室へ駆け込みました。
成仏を祈りながら瞑想をしていると、何も光などは見えませんでしたが、2秒くらい背中の内側から上に向けてギューっとなる感覚がありました。
思えば、あれが「もう大丈夫、成仏できたよ。」というご先祖様の合図だったのかもしれません。
今回の浄霊で4回目、まだまだ先は長いですが、このたった4回の中でも感じることは、生前関わりのあった方を含む浄霊の時は、上半身を上に引っ張られたり、涙がぽろぽろ出たりと反応?が強く出る気がします。反対にお会いしたことがない方ばかりの場合は、穏やかな反応です。とても不思議だなと思います。
これからも、少しずつですが浄霊を続けていきますので、今後ともよろしくお願いいたします。今回も本当にありがとうございました。 』

  

星椎水精先生のコメント

「2秒くらい背中の内側から上に向けてギューっとなる感覚」というのが、魂が抜けてゆく感覚となる。霊の抜け方は、人それぞれの個性があるように、「自分ですよ」といった表現をする。これが本当の霊感で、霊能者の言う「見えました」や「成仏しました」というのは、商売用語と思って間違いない。