しろくま物語

『 今日は、しろくま物語のDVDを見せていただきました時の感想をメールさせていただきました。絵本より入り込んでしまいました。時々涙してしまいました。
私達にも通じるところがたくさんあると思います。これから、どんなことが起こるか分かりませんが、前をしっかり見て進んでいかなくては、と思いました。
いろいろ考えさせられるアニメです。また時々見て自分を見つめて行きたいです。
素敵なアニメをありがとうございました。 』

このように理解してくれたことは本当に嬉しい。しかし、この「しろくま物語」は、日本人には非常に難しいのかもしれない。毎週来ているイギリス人は、このアニメを見て、「Good!」と言って素直に喜んで見ていた。
難しい観点と思われるのは時空間の問題や地球空洞説、シャンバラ、ネッシー、そしてしろくま絶滅の危機。これを私は40年ほど前に理解していた。しろくまの危機やネッシー研究、UFOの海底基地のある五大湖では、私への理解をいち早くしてくれたのだな、と始めて思った。

このページの先頭へ