ご主人の変化 

hoshiiコラム

『 星椎水精先生、アトランティス協会スタッフの皆様
本日は、父の伯母夫婦の浄霊を執り行なって頂き、誠にありがとうございました。
11時5分前、仏壇の前に座ることが出来ました。主人に、これから、星椎水精先生に浄霊をしていただきますから、と伝えたところ
「テレビ消して、ふすま閉めて」
と、当たり前のように指図するのです。
以前の主人とは変わりました。
瞑想して、アトランティス教会の星椎水精先生に意識を集中致しますと、先生は、白くて柔らかい綿状のベールに覆われて、お姿は見えず、その後、小さな星形で色々の色の混じった無数の光が輝いて見えました。
ご夫婦に想いを向けますと、二人はお雛様のように並んで現れ、奥様がニコニコと、まるで恵比寿様のような笑顔で座っていて「Fちゃんありがとう この日を待ってたよ」と。
私が「遅くなってすみません どうぞ霊界へお帰りください」と言うと、「Fちゃんありがとう」と、満面の笑みでお礼を言われました。
ご主人のT様は、ちょんまげ姿で背が高いお方でした。
今まで、全く気付かなかった、素晴らしいご先祖様に会えて、とても嬉しく思います。
この度も、星椎水精先生に、本物の先祖供養を執り行なって頂きまして、誠にありがとうございました。心より深く感謝申し上げます。
これからも、先祖供養を進めていこうと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。 』

  

星椎水精先生のコメント

古い時代の先祖に違いない。夫婦共々、礼儀正しく我慢強い人柄である。こういう霊は、末裔に対して強烈な憑依をしない。ただ順番が来れば、従うという人として貴重な存在である。霊界へ入れば、高貴な魂として扱われるようだ。
ご主人の考えが、以前と大きく変わったのが私としても本当にうれしい。