お葬式

『 帰宅後にテレビを見ていて気付いたことを報告いたします。

私は主にニュースや情報番組を見ますが、いつも政局と不景気、災害や事件及び事故のニュースが殆どで、明るい話題が流れることが本当に少ないです。

それだけ世の中が切迫した状況下に置かれていることの表れであり、その事に目を閉じてはならないと思いますが、やはり気持ちが沈んできます。

また、今晩のNHKクローズアップ現代の「お葬式が出せない どうする”葬送の場”」を見ていて、幽界の混乱が現世まで波及して本当に大変なことになっているように感じました。

私の先祖は星椎先生の浄霊を受けて魂の卒業式を迎えることが出来るという有り難みを噛みしめました。

そのような中で今日の星椎水精先生のコラムでの体験談(黒髪が生えたおばあさんの話)は、本当に元気づけられました。

体験談の方のご先祖様の暖かい応援が伝わってくるようです。コラムを読んでいる多くの人々が同じように元気づけられたと思います。本当にありがとうございました。

私も今後ともご先祖様を助け続けていきます。そして、周りの人々のために少しでも役に立つことを目指していきます。 』

 

最近の人は、霊界へ行くチャンスが無くなり始めている。親族もいない無縁仏も増加の傾向にある。これは、魂のレベルが低くなりつつあり、最期は消滅しか残されてはいない。

「人生は一度」という言葉には、魂の不滅があるが、最近は「魂はこれが最期」となる人が増加している。

人間界は、実は訓練の場所だが、訓練を嫌って避けようとするが、避けられない崖っぷちが最期に用意されている。「お葬式が出せない」という状況は、その一つでもある。

このページの先頭へ