お盆の事故について 

  『 今年のお盆も水の事故など、多くの人が亡くなる事故がたくさんありました。
その中でも、お盆明けに、私の知っている所で悲惨な交通事故がありました。
全国で放送されたと思いますので皆様ご存じかと思いますが、H市で軽自動車がゴミ収集車と衝突して、軽自動車の家族3人(若い夫婦と生後6ヶ月の子供)全員が亡くなるという大変痛ましい事故が起きてしまいました。
この事故に遭われた家族は、H市でも有名な老舗のおもちゃ屋さんの3代目のご家族でした。
私はこのH市で生まれ育ったので、このおもちゃ屋さんの事はよく知っていましたので、ショックで何とも言いようがないほど、気の毒で仕方がありませんでした。
この事故は、軽自動車が5秒ほど反対車線を走行していて前から来たゴミ収集車と正面衝突したという事でした。
(テレビでは運転手が意識を失っていた可能性があると言っていました)
この事故が起きた道路は直線の狭い道路で、この事故の数日前にも横転事故があったそうです。
事故原因が居眠りか突然何かの病気なのかはわかりませんが、霊障としかいいようがない事故だと思いました。
このような不幸に見舞われてしまったおもちゃ屋さんですが、じつは20年程前に延焼で最初のお店を失っていて、場所を変えて今のお店を再建した経緯があります。
3代目の若い夫婦がお店のあとを継いでいくはずだったのでしょうが、それは叶わなくなってしまいました。おもちゃ屋さんも今後どうなってしまうのかわかりません。
残されたご家族の事を思いますと、何と表現してよいか、その悲しみは計り知れません。
このような悲惨な事故を目の当たりにしますと、ご先祖様が大暴れした結果なのだろうと思わずにはいられませんでした。
そして、私自身、もし星椎先生の浄霊に出会わなければ、このような事故や事件に遭っていたかもしれないと思いました。
あらためて星椎先生に感謝すると共に、これからもご先祖様の御霊救済を頑張ろうと思いました。
何が起こるかわからない世の中ですが、これからもどうかご指導をよろしくお願い致します。 』

  

星椎水精先生のコメント

よく、こちらで浄霊していれば、という言葉を聞くが、浄霊が出来る出来ないは、ひとつのラインがあり、そのラインの上でなければ浄霊は出来ないようになっている。
誰もがこちらで浄霊出来るのかと言えば、出来ない人の方が圧倒的に多い。現在の宗教団体や霊能者では、浄霊を許可されているものはいない。霊界での許可がなければ、霊界は受け付けることはない。そのことすら彼らは全く無知である。寺の坊さんは、霊界がどういうものかすら100%知らない。
そして、上記のような事故が絶えず起きたり、今後起ころうとすることすら、誰も知らないのである。テレビのニュースでは、悲惨な事故現場を伝えるのだが、それ以上は何も伝えることがない。簡単に言えば、先祖との絡みが大きい、と言えるのだが、そのような事故現場に遭遇させる手段を先祖が十分考えての行動でもあった。単なる事故ではないと思わせ、「どうして、そうなるの?」と末裔に考えて欲しかったようである。元々、この現場は、ブラックホール的な要素があり、事故だけではなく、殺人事件が起きてもおかしくない場所でもある。そういう場所に、あえて先祖が導いた、という、本当に一般の人が先祖について考えなければならない時期に来た、というテーマがそこにある。