お彼岸

春の彼岸が近い。彼岸は、大勢の先祖霊が、過去に住んでいた家に戻ってくる。その時に仏壇がなかったり、先祖を敬いもしない場合、霊は怒りをあらわにする。

当然、事故や病気を引き起こす行為に出る。最近の花粉症は、そのような霊たちが憑依した類でもある。末裔が花粉に反応するのではなく、霊たちが末裔の肉体に憑依することによって、末裔のエネルギーが半減され、僅かの花粉でも抵抗しきれなくなってしまうのである。

そのようなことがないように、少なくともお彼岸は、仏壇に手を合わせ、甘いものなどを供え、先祖を優しく迎え入れる気持ちが大切である。

このページの先頭へ