お天気

『 星椎先生、宇宙クラブのスタッフの皆さま先日は、義父の弟の浄霊をしていただきまして誠にありがとうございました。 当日は、仕事も休みで 御供養の時間に手を合わせて義父の弟さんに 心の中で、「成仏して下さいね。」と思いながら瞑想しておりました。 私には、何も感じる事は無かったのですが、何も感じない私にも成仏した事が分かるように先祖様が見せてくれます。 それは、お天気です。 その日は、空一面雲がかかり今にも雪が降ってくるかなぁ?と思うような薄暗さでした。それが、御供養がすんだころから雲は、一面にかかったままですが、空一面が眩しくなり目を細める明るさとなりました。 午後からは、青空も見え車中は暖房もつけなくてもよい暖かさの素敵な日になりました。 『先祖様が、喜んで下さってる。』と私に見せて下さいます。 その御供養の10日後に私の娘の結婚ありました。天気の予報は、一週間まえは、雪でした。 私は、『結婚式の日がよい天気になればなぁ~』って少し思っていたのです。 それが、2日前には雨予想に変わり当日の明け方には車のフロントガラスに薄っすら雪が積もる天気でした。 私は、『ダメか~お天気悪いか~。』と諦めモードだったんです。 しかし、夜が明けてからは、嘘のように良いお天気に恵まれ無事に結婚式をすませる事ができました。 北陸地方なので、雨や雪が降ったら足元の悪い中 参加して下さる方にも申し訳ないと思っていたのが、良い天気になり「先祖様が良い天気にして下さったんやわ。」と思わせて下さる日となりました。 この様に、先祖様が喜んで下さるのも星椎先生のお力のおかげです。本当にいつもありがとうございます。そして、スタッフの皆様におかれましても誠にありがとうございます。 これからもよろしくお願い致します。 』


星椎水精先生のコメント

一般の人から見ると、「結果的に晴れたんだよ」と思うだろう。霊的な作用は、地球の神は「霊の言い分」として認められる範囲にあるようだ。 例えば、惨殺された人は、その怒りを強烈な雨や雷で殺人犯を襲うことは許可されている。 同時に、良い宴や神事には晴天が約束される場合がある。 ただ、この晴天が偶然であったにせよ、先祖にその気持ちが伝われば、お互いの良い関係が築かれてゆく。そこに気づいて欲しいというのが、先祖の気持ちで、人間としての一歩が着実に踏み出されたことにもなる。