「無欲は人を変える」 

『 星椎先生、アトランティス協会のスタッフの皆様お早うございます。
会報ありがとうございました。早速拝見しました。小林麻央さんの事は、私も他人事ではないので本当に残念でなりません。
実は私の主人も、前の奥様と死別をしています。
前の奥様は主人と結婚して、間もなく乳がんになり、転移して肺がんで35歳という若さで亡くなりました。
もし、この供養に出会わなければ、きっと亡くなった奥様の憑依で、私も結婚した時点で癌になり亡くなっていたと思います。
私は自分が結婚するに前に、亡くなった奥様の浄霊をお願いし、仏壇も置き、主人同様奥様のお参りは欠かせないように心掛けています。
そのおかげか、結婚して8年たった今でも、私は元気で主人と仲良く過ごせる事ができています。これも、星椎先生が浄霊してくれたおかげだと確信しております。
星椎先生の浄霊は本当に素晴らしいです。
私は亡くなった小林麻央さんが、星椎先生の浄霊を実行していたら、もしかして生きていられたかも知れないと思っています。本当に残念でなりません。
これからも生きている限り私は星椎先生の浄霊を信じて、一人でも多くのご先祖様をお助けしていこうと思います。星椎先生、これからもよろしくお願い致します。 』



星椎水精先生のコメント

この人の供養は、人間として最も大切な供養を心掛けている。
大半の人は、自分の家庭、自分の体、自分の名誉を望んで供養に取り掛かろうとする。脱落する殆どの人が、その意識下で行動している。
人間として転生した時には、すでに先祖のDNAが組み込まれ、それを浄化することが、自分のカルマに踏み込む条件となっている。このことをしない限りは、カルマは先の先へと伸び続け、カルマを実行する前に死へと近づく。
上記の人は、そのような欲がなく、人のための供養を行っている。すると、自然に視界が広がって行く。まさに「無欲は人を変える」である。