「基礎の弱い木は伸びない」

『 星椎先生のコラムでメールを取り上げて下さりまして、本当にありがとうございました。
我が家に於けるワンちゃんとネコちゃんたちの犠牲はご先祖様からの必死の訴えであったこと、思い返すとそれに気付くのに長い時間を使ってしまいました。
その間に様々な家庭の災難が有り、母親と身内の方が大病で亡くなられました。
そして今日までに星椎先生にたどり着けたご先祖様はほんの一握りであり、私の父方母方のご先祖様にとって正に千載一遇の幸福でした。
また、墓園で多くの家々の浄霊出来ていないご先祖様から水晶ネックレスが私を護って下さっていることが本当に有難かったです。
私の父親は、テレビのニュースの記事によっては我が家に何故孫がいないのかとぼやくことがあります。
でも、どの家々も今は子宝に恵まれ一見平和で栄えていても、大勢のご先祖様が成仏出来ていないことに変わりは無く、既に家庭の平和にほころびが出始めているかもしれないし、将来いつかは大変な災難に遭うかもしれません。
これらの家々の人々も大病や事故などで家族や身内を喪う前に、ご先祖様からの訴えに気づいて欲しいです。
最後に「木の精霊」について人間と同じく生き物で有り大切にしなければならないことを教えて頂けました。我が家の様々な都合で木を切ってしまったことが過去に何度か有り、遅ればせながら申し訳ありませんが、いつか必ずご供養をお願いしようと思います。 』

  

星椎水精先生のコメント

人は皆、出発点では同じラインで生まれてくる。
前世での課題を取り残して生まれたものには、それぞれのハンディがあり、歩み始めると体が重いのに気づくようだ。努力すれば何とかなる、とか、人生は厳しいものだ、とかの妙な哲学で禅を極めるような発想を持って生きてゆくと、最後は重病となる。
タレントは、お金が入るから、先祖を無視して生きてゆき重病で死んでしまう。どういう状態でも、何故と言う発想がない限り、先祖の問題に直面することはない。
祖父や祖母、或いはペットの状態を見て、初めて先祖の大切さを理解し始める。このことが重要で、人生の基礎でもある。その基礎を理解しない内は、カルマの解消は出来ず、一生を無駄に過ごすことに成る。無駄に人生を送らないように、基礎となる先祖をしっかりと浄霊してやる必要は誰にもある。