「何で・・」 

どの報道番組を見ても、テロに遭った家族が、「何でうちの子が・・」と言って涙ぐむ。
こう言っては何だが、家族の心中を悼む気になれないのは、子育てに一生懸命なったであろうが、残念ながら、先祖のことは非常に軽んじているのが分かる。
その親にしてみれば、確かに自分の子が一番であるのは確かだが、家族の基礎である先祖を本当に大切にしてきたのか、という疑問に尽きる。
こちらでの浄霊をしていない限り、先祖が地上或いは幽界でさ迷っている。最悪は、地獄界餓鬼界はどの家も存在するので、それをきれいに浄化しなければならない。それをすべて行った人が、「何で・・」という言葉が出たとしたら、前世からのカルマが表面化する。
先祖の浄霊は、人間生活の根本となり、それからが前世でのカルマの解消となる。本領を発揮するのは、それからである。

このページの先頭へ