「・・・申し訳ない」

『 本日も、ご供養誠にありがとうございました。
今回は5名も申し込むことができて何よりでした。
幸い瞑想の時間が取れました。
無事に成仏されることをお祈りしていると、5分たった時に、光が見えて、目には涙がにじんで、体が暖かくなってきました。
無事に浄霊していただいているのだと思いました。
8分ほどたった時、右腕で顔を覆って号泣されている男性が見えました。
5名を代表されてお一人がお礼を伝えに来てくれたみたいです。
憑依され、少しの間涙されて、「ありがとう。ありがとう。申し訳ない。」とおっしゃいました。
すると、人が入ってきたので瞑想は中断しました。
少し余韻に浸っていたのですが、左耳に耳鳴りがしまして、先祖に「はやく仕事に戻りなさい。」と言われているようでしたので、すぐに戻りました。
本日も親戚の方々を救っていただきまして、ありがとうございました。 』

星椎水精先生のコメント

「ありがとう。ありがとう。申し訳ない。」と言った人は、本来、成仏するには、少し早いと感じた人で、実は非常に驚いた様子を示している。
カルマが中途半端で終わったために、転生後は、非常に厳しい世界が待ってもいるようだ。ともかく成仏したことで一段落をしたが、末裔にも迷惑をかけたことの証が、前の言葉となって出たもよう。

このページの先頭へ